みたらし垂らした人たらし

みたらし垂らした人たらし

東京の大学生が日常にあれこれ言うページ

ライスワークなんて辞めてしまえ

はい今日は労働のお話です。

このブログも半年運営してきました!!

もう少し大きくさせたいと思います。

 

今日の主張はこちら!

ライスワークをなくし、ライフワークにしていこう

 

食いつなぐためだけに働いている仕事をライスワークと言います。その仕事が嫌で仕方なくて、待遇も悪く、やめられるならやめたいというのがライスワークです。食うだけのための仕事。

 

ライスワークっていうのは自分の信条が伴っていませんから、苦しいんです。「でもライスワークやめたら生きてけないんだ!どうしろってんだよ!」まぁまぁ落ち着いて。

 

少し冷静に考えてみましょう。日本の平均寿命約80歳です。四年制大学を卒業し、就職するのが23歳ほど。そして、退職を60歳(最近では65歳になりつつある)と考えると、約40年間は人は主に働くことに時間を費やします。ということは、どのように働くか、なにを職業とするかは、あなたの生き方に大きく関わります。人生の大半をライスワークにしていいのか?という疑問を社会に投げかけたい。

 

本当にその仕事しかないのか。いいえ、あるはずです。インターネットがこれだけ広がった時代ですから、無限の働き方、まだ誰もしたことのない働き方があるはずなのです。

 

ライスワークは心と体を蝕み、メンタルヘルスに大きく影響すると思います。一方で、自分の信条が伴ったライフワークは、メンタルヘルスを健康なものにしてくれるでしょう。

 

働くことに誇りをもっているか。自分の人生の大半をただ食うための時間にしていないか。これは多くの人が真剣に考えるべき課題だと思います。

 

自分の心に嘘をつくことなく、生き生きと働く社会の到来を望みます。

技術進歩の先に求められるもの

技術が進歩した時、そして今もなお我々が考え続けなければならないことは、驚くべきことに愛や幸福といった我々にとってとても身近なようで一番不明瞭なものなのである。

誰が一般人なのか

政権を応援する従順な犬が(あるいは思考停止の屍)「一般人」だとすれば、僕は一般人ではないので困る。

だからいつも言ってるように、論理的、科学的に自分のことも相手のことも考えようや

これからはですね、脳の機能で自分の特性を表したほうがいいと思います。

 

例えば、私クズだからーとかダメだからーっていうのは全く抽象的ですし、性格的なことしか表現できていません。

 

ですから、私ってさ側坐核が弱いからとか、報酬系が弱いから、こうなんだよね。だから、こういう対策しよっと!という科学的視点から論理的に物事を捉える必要があります。

 

多くの人が非論理的な精神論に未だに頼りますし、あろうことかほとんどの、学校教員はこういう頭です。ただし、大学教授は異なります。